人生に彩りを添える野菜であってほしいと願いを込めて育てています。独立栽培師【久保谷健】

1 / 10712345...102030...最後 »

No.1067 茨城の星 稀勢の里

年末の鹿島アントラーズの活躍から、稀勢の里の優勝と茨城が快進撃を続けています!!!(稀勢の里すげーーー!!!)

 

横綱・大関陣が崩れる初場所、ただ一人安定した相撲で、

 

14日目で優勝

昨年の年間最多勝

宿敵の横綱白鵬に星3つの差で勝利

 

文句なしで横綱昇進でしょう!! (萩原の時から応援していたので涙が。。。(TT))

 

 

11月に大雪が降ってしまいましたが、なんとか順調にタルディーヴォ、カステルフランコを収穫しています。

 

DSC_0749

 

DSC_0840

 

 

こちらは先日、引っ越しをするイシバシさん宅での最後のホームパーティー♪♪

 

DSC_0800

 

DSC_0802

 

DSC_0815

 

風邪などで、30人弱程の少人数になってしまったみたいなのですが、陽気な南米の方達とお話しが出来てとても楽しかった(o^-^o)♪♪

 

日付:2017/01/22 20:27

No.1066 ブラジル人が育てる国産のブラジル野菜

今日は曇り空となりましたが、比較的暖かい一日となりました。

 

昨日は雨が降り、久しぶりに仕事が早く終わったので、夕方から栃木県のイシバシさんの畑へ行ってきました。(No.1037でワカタイをいただいた方です)

 

dsc_0717

 

イシバシさんは25年ほど前に日本へ来日し、畑や野菜好きが高じて、日本では珍しいブラジル野菜を育ています。(きっと当時は今よりも偏見の目も強かったと思います・・・)

 

イシバシさんの野菜は、キャッサバ芋、トマト、キュウリ、トウガラシなど種類が豊富で、ほとんど除草せず、草は生えっぱなしとワイルドな育て方!!

 

 

日本では自然栽培という言葉がありますが、向こうではこれが当たり前の育て方なのだそう。

 

dsc_0718

 

dsc_0719

 

収穫を終えたキャッサバ芋は、霜があたらないようにしながら挿し木をし、来年の4月に定植するようです。

 

現在、主にブラジルやペルーなどの南米の方へ出荷していますが、もっと日本人にもブラジル野菜を食べてほしいと願っています。

 

dsc_0502

 

晩夏に頂いたトウガラシのピクルス♪(昨日もキャッサバ芋と鶏の卵をいただきました♪)

 

トウガラシのピクルスはカレー等のソース系からピザなどに合わせても美味しかった♪♪

 

 

イシバシさんのFacebookはこちら。

 

 

日本語は話せますが、読み書きが難しいようですので、お問い合わせは、

 

 

ポルトガル語のできる方は、直接イシバシさんのFacebookへ。

 

 

日本語の方は私へお問い合わせください。

 

 

そこには新しい発見があるはずですよ(^ー^)♪

 

 

日付:2016/11/20 18:34

No.1065 日本のテロワールを求めて

9月に入ってから台風や秋雨前線の影響により、天気の悪い日が続いています。(だいぶ太陽みてないなぁ。。)

 

かなり久しぶりの更新となりますが、ここ数ヶ月はかなり忙しく、今までの人生の中で一番嬉しくて、幸せで、情けなく、辛くて、悩んでいます。

 

こちらは7月に自家採種したカステルフランコの種子です。

 

dsc_0396

 

dsc_0400

 

以前からお伝えしている通り、野菜に日本のテロワールを感じていただきたい為に、手作りの醗酵アミノ酸肥料をベースに無垢栽培し、春夏秋冬一年間かけて自家採種を続けています。(今後は、世界の方々にも食していただきたいと思い、イスラム教(ハラール)の方も考えて、豚プンおが屑堆肥を使用せず、代わりに知人のキノコ農家から廃菌床を頂いて使用しようと思っています)

 

カステルフランコ、カーボロネロ、ポワロ、マーシュ、ニンニクなど自家採種し 、今年は例年よりも早く収穫を始めるように一週間から半月ほど早く、播種・定植を行いました。

 

 

最近、二十歳前後の若い頃に聞いていた曲が懐かしくて、かなり恋しくてたまりません(笑泣)

 

 

 

人生の中で一番大変ですが、これからはもっとしっかりしたオヤジにならないとな!

 

 

日付:2016/09/24 17:49

No.1064 自家採種

ここのところサボり気味というか、かなりブログ更新をサボっています。。。が、最近の状況をアップしていきます。

 

前回の更新から、スマホが壊れたり(電話帳のデータはDOCOMOのサーバーとリンクしていると思っていましたが、全くリンクされてなくデータが消えて………(T0T))、体調を崩したり、いろいろと忙しかったり。。。

 

 

DSC_0119

 

カーボロネロ

 

 

DSC_0146

 

DSC_0147

 

DSC_0145

 

DSC_0144

 

カステルフランコ

 

 

DSC_0137

 

DSC_0127

 

DSC_0121

 

ポワロ

 

 

DSC_0139

 

黄人参

 

 

DSC_0112

 

アイスプラント

 

 

DSC_0109

 

DSC_0110

 

DSC_0111

 

スイスチャード

 

 

DSC_0116

 

グリーンオーク

 

 

DSC_0117

 

レッドオーク

 

 

DSC_0115

 

フリンジーグリーン

 

 

DSC_0114

 

フリンジーレッド

 

 

DSC_0084

 

DSC_0083

 

オイスターリーフ

 

 

DSC_0094

 

DSC_0098

 

DSC_0101

 

 

 

DSC_0141

 

DSC_0142

 

ニンニク

 

 

DSC_0102

 

グラパラリーフ

 

その他、数種類あります。

 

 

日付:2016/06/29 21:53

No.1063 孤高の天才絵師 【若冲】

昨日は雨が降り続いていましたが、今日は朝から晴れて真夏日近くまで熱くなりました。

 

昨日は、久しぶりに朝から雨が降っていたため、前から行きたい行きたいと思っていた上野の生誕三〇〇年記念【若冲展】に行ってきました。(昨年、開催していた鳥獣人物戯画は仕事が忙しくて行けなかったのでリベンジ!)

 

DSC_1792

 

先に前置きとして言っておきますが、絵に関してはド素人です(^^;)(無知もいいところ。。)

 

美術館は写真NGですので、購入した本の一部を。

 

 

DSC_1793

 

左:動植綵絵 老松白鳳図(部分)

右:動植綵絵 老松孔雀図(部分)

 

 

DSC_1794

 

左:動植綵絵  梅花小禽図

右:動植綵絵 梅花皓月図

 

 

DSC_1795

 

左:動植綵絵 大鶏雌雄図

右:動植綵絵 群鶏図

 

DSC_1796

 

動植綵絵 群鶏図(部分)

 

 

やっぱり本物は違う!!!

思いが込められているというか、血が通って生きているような気がします!!(私もこういう野菜を育てたいんですよ!!!)

 

本物を間近で観ることで、絵自体の大きさや、鶏の脚の絵の具のふくらみ等の力強いタッチ、羽などの繊細なタッチが体感できました♪

 

若冲さんの名言に、

 

「具眼の士を千年待つ(自分の価値を分かる人を千年待とう)」

 

NHKスペシャルでは、

「千載具眼の徒を待つ(私の絵は千年後に理解される)」

 

という言葉を残したそうです。(どっちも言ったのかな??)

 

 

これは何百年たっても、色褪せませんよ!

 

DSC_1797

 

左:竹梅双鶴図

右:虎図

 

DSC_1799

 

陰元豆(蛙)

 

 

 

 

個人的には手を舐めている虎とオヤジっぽいカエルが好きだな(^^)(写真では見えませんが、虎のモモ辺りの毛並みが◎)

 

 

 

 

他にも、旭日鳳凰図(動植綵絵の老松白鳳図と老松孔雀図の元となった)や蓮地図など、言葉ではいい表せられない素晴らしい絵ばかりです。

 

 

 

ただ、、、

 

パッと入って、

 

パッと観て、

 

パッと帰ろうと思っていましたが、、

 

DSC_1779

 

チケット購入に40分、

 

DSC_1780

 

DSC_1781

 

DSC_1782

 

DSC_1783

 

DSC_1784

 

DSC_1785

 

美術館への入館に3時間半(210分)、

 

美術館に入っても展示室への入室受け付けに30、40分待ち

 

入室して、やっと絵が観れると思っても大混雑と、、かなり体力的にも精神的にも大変な一日でした。

 

現代の最新技術を駆使しても、若冲さんの絵にたいする本質を理解するのは難しいと思いますが、21世紀の現代でも大大大人気ですよ若冲さん!!!

 

日付:2016/05/18 20:13

No.1062 受け継ぐ

日中は連日、暑い日が続きますねぇ~。

 

アツいといえば、真田丸が熱いですねぇ~!!(*^^*)

 

もう先月辺りからオープニング曲が頭から離れませんよ(笑)

 

放送開始直後はオープニングのCGの多さにガッカリしていましたが、最近は途中でドラマの1シーンに切り替わる際に、実写の良さが引き立ち鳥肌がたちますよ♪

 

新撰組!ファンにもたまらないキャストにもなっていますし、人間味溢れる演技も面白い(*^^*)(みんな格好いいよぉ~♪)

 

一昨年のうちに、上田市の真田祭りに行っておいて良かった♪♪♪(赤いTシャツも貰ってきたし(^^))(No.859参照)

 

DSC_0559

 

DSC_0557

 

さて、こちらはドイツへハーブの勉強をしに行っていた友人から、昨年末に頂いた種子です。

 

DSC_1180

 

研修先の農家さんが、自家採種し続けている種子で、市販されているものではありませんので、どういう味がするのか楽しみ(^^)

 

そして種子を播種し、定植して少し大きくなってきたのがこちら。

 

DSC_1760

 

DSC_1768

 

DSC_1778

 

一番果を採種♪

 

DSC_1767

 

DSC_1775

 

DSC_1766

 

昨年、育てたマイクロトマトのこぼれ種も大きくなってきました♪

 

 

こちらはハウスの中で育てているグラパラリーフの花です。

 

DSC_1757

 

DSC_1756

 

DSC_1770

 

DSC_1773

 

DSC_1754

 

しっかり受粉するように、雄しべが二段階で構えている?

 

 

 

追記:CGだと思っていたシーンが実写でした。

NHKと三谷さんを見誤っていました。(申し訳ありませんm(__)m)

 

DSC_0205

 

沼田の真田丸展にて!!

たぶん撮影OKな所なはず。。。NGだったらスミマセンm (__)m。。。

 

日付:2016/05/15 21:40

No.1061 穀雨

一般的な菜の花は、4月初めのソメイヨシノが満開になるころに咲きますが、カーボロネロは八重桜と同じ4月中旬以降に満開になります。

 

 

DSC_1626

 

DSC_1597

 

DSC_1646

 

DSC_1668

 

カーボロネロ

 

 

DSC_1724

 

DSC_1723

 

DSC_1722

 

クライトニアは矢印のような面白い葉をしていますが、花は葉の中心から出てきます。

 

 

DSC_1734

 

DSC_1737

 

DSC_1731

 

マーシュの花は、極めて、極めて、極小の花で、昨年はうまく受粉できなかったせいか、自家採種した種子は発芽しませんでした。

 

採取できずに、落ちたこぼれ種も僅かに発芽した程度。。。

 

 

 

野菜の形や見た目は技術でつくれます。

でも余韻だけは絶対につくれません。

 

 

 

手間や時間を掛け、一見ムダにみえる自家採種への道ですが、その土地に地中深く根ざし、[永遠に続くかのような余韻]を味わっていただけるよう努力していきたいと思います。

 

 

DSC_1530

 

 

 

 

日付:2016/04/20 21:05

No.1060 世界初!?!?part2

今日はあいにくの雨でしたが、晴れ間をみて水耕栽培のカステルフランコを写真に収めてみました♪

 

DSC_1484

 

DSC_1486

 

夢見草♪

 

DSC_1475

 

4月のカステルフランコ♪

 

12月のクリスマス前から1月、2月、3月、4月の5ヶ月、水耕栽培のカステルフランコを継続的に収穫できました!!(理論的にはちょっとした設備があれば、夏でも収穫可能かな)

 

 

桜が満開の4月に収穫したカステルフランコは春の暖かい気候により、葉が柔らかく、苦味もまろやかなカステルフランコとなりました♪

 

 

DSC_1488

 

自家採種にそなえたカーボロネロも花を咲かせてきてくれました♪♪

 

DSC_1480

 

真冬のカステルフランコも美味しいですが、春のカステルフランコもかなり美味しいですよぉ~♪\(^o^)/♪

 

日付:2016/04/04 19:43

No.1059 行くぜ、東北。

振り返ると長かったような短かったような、あの天地がひっくり返ると本気で思った日から5年の月日が経ちました。

 

あの日から時間が止まってしまった人や場所もまだまだたくさんあります。

 

私には何もできることはありませんが、昨年11月末にいわき市で催された復興リカーフェスに参加して来ました。

 

ガンバレ福島

 

ガンバレ福島2

 

ガンバレ福島3

 

日本酒・焼酎・ワイン・ビール・ウイスキー・ブランデー・チーズなどの美味しい地酒や世界のお酒、おつまみ等、前売券500円 当日券1000円で全て試飲試食可能!!

 

試飲会場以外にもオークション会場もありましたよ。(今年も催されると思いますので、興味のある方は行ってみて下さい♪)

 

シャトーマルゴー2011

 

シャトーマルゴー2011♪(シャトーマルゴーのみ30ml 3500円)

こりゃたまらんらん(*´ω`*)♪♪

(試飲したのでお願いしてコルクを頂きました♪)

 

今年は久しぶりに宮城県に行きたいなぁ~♪

 

日付:2016/03/11 14:46

No.1058 世界初!?!?

昨日はあいにくの雨で肌寒い日でしたが、今日は打って変わって20℃と5月上旬並みの暖かい一日となりました。

 

DSC_1399

 

DSC_1416

 

昨日、最終のタルディーヴォを出荷

 

昨年12月のクリスマス前から1、2、3月までの4ヶ月、水耕栽培のタルディーヴォ、カステルフランコを継続的に収穫してきました♪(この長い収穫期間は世界初!?!?)

 

さすがに3月に入ると日が長く、春の暖かさも続きますので、タルディーヴォは紅色が薄くなり、カステルフランコは董が立つ等、冬野菜の収穫は難しくなってきます。

 

今後、改善したいところもありますので、(最近はなかなかブログを更新できていませんが、)良いことも悪いことも発信していければと思います。

 

また多くの方が私の栽培方法などを参考にして下さっているようで、無農薬西洋野菜のバイブル的なブログになればいいな~と思います♪

 

DSC_1382

 

DSC_1386

 

DSC_1384

 

こちらは自家採種に備え、先月下旬に植え替えたカステルフランコとタルディーヴォです。

 

今年も、6月の梅雨の時期に花が咲き、7月の夏本番に採種できるよう管理していきま    す♪♪

 

日付:2016/03/08 19:05

次のページ »

月別投稿記事

カレンダー

2017年6月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ガーデンテクノス