人生に彩りを添える野菜であってほしいと願いを込めて育てています。独立栽培師【久保谷健】

1 / 212

No.1037 ペルー料理以外にも欠かせないハーブに

今日も一日雨が降り続いていますね。

この先一週間も雨のマークが多く、憂鬱になってしまいます…。

 

写真は、先日自家採種したポワロと黄人参です。

 

DSC_0691

根元から倒れていたポワロと一部採種できる黄人参がありましたので、一度早めに自家採種してみました。(後日もう一度自家採種します)

 

 

こちらはグラパラリーフで有名なグラプトペタルム・パラグアエンセ(食用の朧月)とペルーの香草:ワカタイです。

 

DSC_0692

グラパラはそのまま放置しておけば、勝手に根が生え、簡単に増えていくみたいですが、なぜか私の畑では相性が悪いのかなかなか根がついてくれません……。(昨年は根っこの根も出なかったな…)

 

DSC_0697

ワカタイはペルー料理には欠かせないハーブで、友達の知人にブラジルの方がおり、ワカタイの株を少し分けていただきました♪

雑草のように[こぼれ種]で増えていってくれるので、来年が楽しみです~♪

このワカタイの爽やかさはペルー料理以外にもか欠かせない素材になると思いますお♪♪♪(パクチーファランやホラパー等のように面白い野菜やハーブがあれば紹介していきたいですね)

 

 

こちらは知人にいただいたミニトマト。

DSC_0696

本当に甘くて美味しいミニトマトでしたので、糖度計で計ってみると8.1度と決して高くはありませんが、甘さに奥行きがあり、あらためて糖度計の数字だけで美味しいかそうでないか判断してはいけないと感じました。(アミノ酸などのバランスも大事ってことですね)

ただ本当に甘く美味しいのですが、個人的にはもう少し酸味がほしいところ、、、

 

タグ:|||
日付:2015/07/03 15:54

No.1032 drop of the planets

一昨々日から関東地方も梅雨入りし、明日も天気のぐずつく予報がでています。

 

DSC_0587

 

 

DSC_0591

マイクロトマト(gold)

 

DSC_0592

マイクロトマト(red)

 

DSC_0596

マイクロトマト(yellow)

 

DSC_0598

DSC_0599

DSC_0604

ミニトマト

 

マイクロトマトは原種に近い品種のようで、皮が硬めの傾向があり、フルーツトマトのように水分を切らし、糖度を上げる育て方をしてしまうと、皮がかなり硬くなってしまいます。

 

そのため水分を切らさず、葉や枝を元気にし光合成を重視して、糖度を上げようと試みてみましたが、酸っぱさが先行している感じがしているものもあります。

 

DSC_0580

 

DSC_0581

株間は100cmと広く取りました。

 

5月から平均気温を上回る気温が続き、最低気温も12℃を下回らない日が続きましたので、早く熟成が進み、あまり糖度がのらないトマトになってしまったのかもしれません。

 

 

もちろん、ただ糖度にとらわれず、トマトらしい酸っぱさとのバランスも考え、糖度を上げるのと同時に、皮も気にならないような柔らかさも出していきたいです。

 

色々と試してみて甘さとすっぱさの合間った皮の柔らかいトマトを収穫していきたいですね。

 

DSC_0610

水を切らし、実の小さいトマトは、やはり糖度は高いものの、それと比例して皮も硬くなっています。

 

DSC_0614

DSC_0615

色々と試してみても変わらないようなら、品種のせいにしてしまおう…。

 

DSC_0612

 

それでも播種から収穫まで、デンプンやお酢、焼酎なども使用しない無垢栽培で出来たのは自信につながる!!!

タグ:
日付:2015/06/11 21:00

No.1029 トマトの糖度

五月だというのに今日も真夏日になってしまいましたねぇ。(まだ体が暑さになれていないのでツラい…)

 

DSC_0549

一本だけですが、早くも開花しているカステルフランコもあります。

 

 

写真は、熟してきた品種[G]の糖度を計ってみたところです。

個人的にはアナログの屈折式でも良かったのですが、正確に計り、情報開示したかったので、デジタルの糖度計を購入しました。(もうちょっと安ければなぁ~(泣))

 

DSC_0546

No.1020でアップしたハウス内の縁で育てているものではなく、別に色々と試して育てた品種[G]ではありますが、糖度が13.2度もありました!!!(最低でも二桁の10度以上はあってほしいと思っていたので、ホッとしました)

 

実際に食べてみたところ、かなり甘く、納得のできる美味しさだと感じました!(ただ皮が硬く、口に残る感じもありますので、 好みにもよりますが、その辺のバランスも合わせて育てていきたいですね)

 

DSC_0542

また結果として、糖度が13.2度ありましたが、ほとんどの品種[G]の糖度が11度台でしたので、なにか計り方を間違ったか、機械が誤作動を起こした可能性もあるかもしれませんね。

 

開花の早かった品種[G]よりも、開花の遅れた品種[R]と品種[Y]も今日から色が付き熟し始めましたし、品種[M]も数日で色が付き始めると思いますので、今後も楽しみです♪

 

タグ:
日付:2015/05/27 19:00

No.1011 トマト、ホラパーの定植

今日もお昼前から雨が降ってきましたねぇ。(どんだけ雨降るの??)

 

写真は、定植したトマトとホラパーです。

 

DSC_0075

ハウスの縁への試験的な栽培で、株数が限られていますので、良質な株のみを厳選し定植しました。

 

トマトもメロンと同様に、2ヶ月半の育苗中にアブラムシが発生することがなく、デンプンやお酢、焼酎を使用せず、純粋無垢のままで定植することが出来ました!!

 

DSC_0076

 

DSC_0079

品種[G]はすでに実をつけて少しずつ大きく育ってきています♪

 

 

2本おきにホラパー(タイバジル)をコンパニオンプランツとして定植してみました。

 

ホラパーは一般的なスイートバジルよりも力強い香りがし、葉を擦ってみると甘さを控えたフェンネルの香りに、ほのかなカレーのスパイスを加えたようなの香りがします。

タグ:
日付:2015/04/20 14:55

No.1007 またもや雨続き

昨日はなんとか晴れの一日となりましたが、今日もお昼前から雨が降りはじめました。

 

明日は大気が不安定になり、雷雨の予報も出ており、やはり心配していた雹も降ってしまうのかも……

 

写真は、トマト品種[Y]です。

 

DSC_0035

 

DSC_0036

 

他の品種は植え替えましたが、そろそろ定植したいと思っていますので、こちらの品種[Y]は植え替えず、このまま定植したいと思います。

 

花もつき始めたので、早めに植えないとな。

 

タグ:
日付:2015/04/13 20:29

No.1002 ナス、パプリカ、ホラパー育苗状況

今日は朝から雲がひろがっていましたが、湿度が高いのか、動くとムシムシする暖かさでした。

 

写真は、育苗中のナスとパプリカ、ホラパーです。

 

DSC_0014

ゼブラ種

 

DSC_0012

アイボリー種

 

DSC_0011

ゼブラF-1種

 

ナスは品種ごとに観てみると、何かしら違うところがあるように見えますが、どこに違いがあるのかわかりません。(微妙に本葉の大きさや生長スピードが違うのかな?)

 

 

DSC_0015

パプリカ

 

パプリカも赤・黄の違いはないように見えます。

 

 

DSC_0016

ホラパー

ホラパーは少し水分が多かったせいか、黒く病気が入ってしまったものもありますが、そこそこ数もありますし、生育にたいした支障がないようにもみえますので、あまり心配はしていません。

 

 

今のところ、トマトやメロンも含め、目立った病害虫の被害はありません(^^)

日付:2015/04/03 21:00

No.1001 再び植え替えたトマト

早くも今日から4月に入りましたねぇ。

 

DSC_0003

 

日中、パラパラと雨が降ってきそうな時間帯もありましたが、結局まともな雨も降らずに雨雲は過ぎ去ってしまいました。(この前は雨降り続きだったが、今度はなかなか雨が降ってこない…)(と書いてる途中でそこそこ降ってきました!)

 

写真は、新たに植え替えたトマトです。

 

DSC_0007

品種[R]

 

DSC_0008

品種[G]

 

DSC_0009

品種[M]

 

品種[G]はすでに開花したものもあり、品種[R]と品種[M]は蕾をつけてきてくれました。

 

本来は植え替えはせず、このまま定植したかったのですが、ハウスの縁へ定植する準備ができなかったり、花冷えの心配もなくはなかったので、再び植え替えました。(定植したかったなぁ…)

 

タグ:
日付:2015/04/01 20:16

No.990 育苗中のトマト

夜中から降り始めた雨も、午前中はなんとかやんでくれたものの、お昼からは再び小雨が降りました。

 

写真は、育苗中のトマトです。

 

DSC_1487

右奥に品種[R]、右手前に品種[G]

左に品種[M]、その手前の小さいトマトが品種[Y]

 

 

DSC_1489

品種[R]の葉は濃い緑色で、少し凹凸があるような感じがあります。(艶もありますね)

 

DSC_1491

品種[G]の葉は淡い緑色で、凹凸のない平べったい感じがあります。

 

DSC_1490

品種[Y]は植え替えたばかりですので、まだ小さい。

 

DSC_1492

品種[M]は生育が他の品種よりも早く、(品種[R]・[G]がしっかりしているせいか)なんとなく足が長いようにみえます。(そんなことないかな?)

 

DSC_1488

また品種[M]の中には、白い筋状のものが見える葉もあります。(なんだこれ?)

虫ではないと思うのですが……

 

表現したいと思っていることがあるので、良質なトマトを収穫したい!!!

 

 

それから、ナス、パプリカ、ホラパーを植え替えました。(写真は明日アップしたいと思います)

 

タグ:
日付:2015/03/19 19:07

No.981 トマトの植え替え

今日は晴れ間が続いたものの、朝から冷たい西風が強く吹き荒れた一日でした。

 

 

春は忙しい時期ですので、少し早いですが、トマトとNo.976のものを植え替えました。

 

DSC_1447

 

やはり根はビッチリとは生えていませんでしたが、ギリギリ植え替えられるぐらいは生えていました。

 

写真は植え替えた直後でしたので、水の重みで頭を垂れていますが、明日にはピンと立っていると思います。

ただ、ナスやパプリカ、ホラパーなど多くの野菜と一緒に管理していたせいか、ちょっとヒョロっとした感じがあります。

 

一緒に管理する場合には培土の養分が低いものに変えてみたり、水分を抑えぎみにして育苗した方がよさそうですね。(もちろん品種にもよりますので、こればかりは一度育ててみないとわからない)

 

ちなみに、生えてきたばかりの品種[Y]は植え替えていません。

タグ:|
日付:2015/03/10 20:50

No.978 次々と

今日は一日雨が降ったりやんだりの天気でしたね。

 

写真は、育苗中のトマトです。

 

DSC_1424

 

No.965で25粒中一株しか発芽せず、発芽率4%だった品種[Y]が、播種から40日近く経った今も次々と芽を出してきています。

現在は、小さいながらも10本が発芽し、発芽率40%となりました♪

タグ:|||
日付:2015/03/07 18:41

次のページ »

月別投稿記事

カレンダー

2018年7月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ガーデンテクノス