人生に彩りを添える野菜であってほしいと願いを込めて育てています。独立栽培師【久保谷健】

1 / 41234

No.1040 ブルームーン

梅雨が明けてから、本格的な真夏の猛暑が続いていますね。

 

DSC_0747

ハウスの中で、お昼頃まで仕事をしている友達が何人かいるので、私ももっと頑張らなければ!(ハウスの中は、かるく50℃を超えるので、よい子は真似しないでね!!)

 

 

さて今年も、自家採種したカステルフランコやカーボロネロ等の種子を播種しました。(例年では8月1日の明日に播種していますが、今年は満月に合わせて一日早く播種してみました)

 

DSC_0742

毎年のことではありますが、 自家採種している種子を播種しているので、今年はどのくらい発芽するのか、(または全く発芽しないのか、)発芽しても交雑していないものをしっかり育て上げ、収穫出来るのか不安は消えません。

 

が、今年はどんな表情を見せてくれるのか楽しさや期待もあり、、、期待や不安が入り交じる時期が今年もやってきました。

 

タグ:||||
日付:2015/07/31 20:59

No.762 プンタレッラ生育状況

DSC_0746.jpg DSC_0745.jpg

今朝はポツポツと一時的に雨が降りましたが、いつも通りの乾燥した晴れの日でした。

写真はプンタレッラです。

花芽が出ていないか覗きこむと、なんとなくそれっぽいものが!

昨年の今頃は凍ってしまい、生長しませんでしたが、これが勘違いでなければ何とかプンタレッラも収穫までこぎ着けそうです。(品種は昨年と違いますが、発芽率は変わらずほとんど発芽しませんでした)(栽培方法は昨年と変わりません)

ただ昨年と違うのは午後から日陰になってしまう場所に植えましたので、その日陰の影響で花芽がでたのかも?しれません。

タグ:|||
日付:2013/12/04 17:57

No.752 プンタレッラ生育状況

DSC_0696.jpg

今日は一日寒く、お昼頃から雨が降り始めました。

写真はプンタレッラです。

3日間霜が降りましたが、葉に影響はなく元気に広げています。

ただ全く花芽が出る気配がない……。

まだまだよく分かりませんが、プンタレッラは春の栽培の方がむいてるのかなぁ…。

タグ:|
日付:2013/11/15 18:03

No.737 レッドアンディーブ、タルディーヴォ、プンタレッラ生育状況

DSC_0656.jpg DSC_0655.jpg DSC_0657.jpg DSC_0659.jpg

今日も小雨が降ったりやんだりのぐずついた天気でした。

写真はレッドアンディーブ、タルディーヴォ、プンタレッラです。

定植から57日経過し、葉が元気よく広げています。

レッドアンディーブとタルディーヴォは、葉が白い軸と赤い軸があり、一昨年、昨年と育ててみて思ったのですが、赤い軸より白い軸の方が寒さがきた時に、葉が赤く染まるような気がします。

プンタレッラはまだ花芽を出さず、今年も収穫できないかもしれません。(そろそろ出てきてもいいと思うんですけど)

調べてみると、秋の栽培が適しているみたいですが、おそらく春の栽培の方が合っているのではないでしょうか。

それとも発芽率が2、3%と低い、種子に問題があるのでしょうか。(昨年のポワロも細長かったし)

それから最近、食材の虚偽表示が相次いで発覚しています。

利益を重視して故意に偽装したのか、ただの誤表示なのか、真実は分かりませんが、利用していたお客様の期待を裏切ってしまった事は、食材を扱っている身として、残念ですね。(食通の方も利用していたと思うんですけど、分からなかったのかな??)

特別な日に特別な思い出を残したいと利用していたお客様はガッカリしたでしょう。

経営者の責任転嫁も悲しいなぁ……。

一流なのはホテルの歴史と名前だけなのでしょうかね……

タグ:|
日付:2013/10/25 19:26

No.719 レッドアンディーブ、タルディーヴォ、プンタレッラ生育状況

DSC_0579.jpg DSC_0583.jpg DSC_0584.jpg

写真はレッドアンディーブ、タルディーヴォ、プンタレッラです。

レッドアンディーブとタルディーヴォはいつも通りぼうぼうに生長。

プンタレッラはこんな感じでいいんでしょうかね。
昨年、今年とプンタレッラの発芽率が、か・な・り悪かったので、来年も新しい種子を買い直して、しっかり収穫できるよう管理していきたいと思います。

タグ:||
日付:2013/10/08 18:31

No.706 レッドアンディーブ、タルディーヴォ、プンタレッラ生育状 況

DSC_0526.jpg DSC_0527.jpg DSC_0528.jpg

今日は一日秋晴れで、清々しい天気となりました。(朝晩は寒い、、、)

写真はレッドアンディーブ、タルディーヴォ、プンタレタッラです。

レッドアンディーブは(生育にムラがありますので)厳選し、自家採種したものですので、赤く形のよいレッドアンディーブが収穫できれば。

タルディーヴォは自家採種に失敗し、一昨年、昨年と違う品種ですので、どのように生長するのかは未知数…。

プンタレタッラはかなり発芽率が低かったのですが、なんとか定植できるものが数株あり、やっとここまで生長してきました。

タグ:|||
日付:2013/09/27 19:16

No.669 レッドアンディーブ、タルディーヴォ、エンダイブ育苗状況

DSC_0381.jpg DSC_0389.jpg DSC_0392.jpg DSC_0393.jpg

写真は育苗中のレッドアンディーブ、タルディーヴォ、エンダイブです。

自家採種したタルディーヴォ、頂き物のタルディーヴォ(No.613参照)、プンタレッラの発芽率は0。

自家採種したレッドアンディーブの発芽率は1割以下。

購入したタルディーヴォは7割程度で、エンダイブの発芽率はほぼ10割。

タグ:||
日付:2013/08/12 20:23

No.664 まぁまぁやなぁ

DSC_0297.jpg

今日も昨日に続き、ムシムシ真夏の暑さで、汗だくだくです。

1日の播種から一週間経ちましたので、カステルフランコ、トレビス、タルディーヴォ、レッドアンディーブ、プンタレッラの播種を行いました。

発芽率が悪い自家採種したカステルフランコ、トレビス、レッドアンディーブは二粒ずつまき、さらに発芽率の悪い自家採種したタルディーヴォ、プンタレッラは五粒ずつ蒔きました。(昨年プンタレッラの発芽率がひどかったので、今年新しく買いなおしましたが、今年のプンタレッラの発芽率もひどいなぁ……)

写真はマイブームになってしまった将棋の棋士:村山聖九段の生涯を描いたノンフィクション小説[聖の青春]です。

村山九段は幼いときに発症したネフローゼという腎臓の病気とたたかいながら、夢である名人位を目指し、29歳という若さで亡くなられるまで、将棋に命を捧げ続けた不世出の天才棋士です。(是非、一読を!)

七、八年前、私も一度体調をくずし、やっとほぼ完治したのが昨年の暮れあたりで、嘆いていた時期もありましたが、、、大人になってからの病気はただ自己管理が出来ず、自分が意気地ないだけ。(私の場合)

日常生活でも、大したことないことで、へこたれていた私が恥ずかしい、、、

私も村山さんのように強くなりたいなぁ。

タグ:|
日付:2013/08/08 12:11

No.657 カステルフランコ、トレビス、タルディーヴォ、レッドアン ディーブ、エンダイブ、プンタレッラ、カーボロネロ播種&人参、 黄人参、紫人参、黒人参播種

DSC_0342.jpg DSC_0343.jpg DSC_0344.jpg

今日は雨が降る予報でしたが、日中晴れ間もみえ、蒸し暑く感じられました。

写真はカステルフランコ、トレビス、タルディーヴォ、レッドアンディーブ、エンダイブ、プンタレッラ、カーボロネロ、人参、黄人参、紫人参、黒人参の播種です。

自家採種したカステルフランコ、トレビス、タルディーヴォ、レッドアンディーブ、カーボロネロの種子はもちろん、市販されている(トレビス、タルディーヴォ、、エンダイブ、プンタレッラ)種子や頂き物の(カステルフランコ、トレビスタルディーヴォNo.613参照)種子も播種しました。

人参も、自家採種した黄人参、紫人参、黒人参を播種し、あとはしっかり芽が出るのを祈るだけ。(黄人参はとにかく、紫人参、黒人参は難しいかなぁ…)

黄人参以外の人参は自家採種した種子では不安ですし、足りませんので、購入した種子を播種しました。

黒人参は烏山人参というF-1品種です。(しっかりと中まで色のついた紫人参と黒人参の固定種があればなぁ…)

ちなみに今夜、雨が降るのかふらないのか分からなかったので、一応人参に水をかけておきました。(今夜、降るかなぁ?)

タグ:|||||
日付:2013/08/01 18:51

No.543 自家採種するタルディーヴォ

DSC_0649.JPG DSC_0650.JPG

写真は別の畑に植え替え、自家採種するタルディーヴォです。(No.527参照)

4株しか植え替えていません…。

めぼしいものはありませんが、もう少し植え替えて自家採種に備えたいと思います。

タグ:
日付:2013/03/16 18:39

次のページ »

月別投稿記事

カレンダー

2018年7月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ガーデンテクノス