人生に彩りを添える野菜であってほしいと願いを込めて育てています。独立栽培師【久保谷健】

1 / 1612345...10...最後 »

No.1000 diggin’ my own identity

今日もすっきりと晴れて、これでもかってほど、お花見日和ですね♪

 

今回のブログ更新で1000回となりました。

 

これまで野菜の生長過程をブログで更新することにより、栽培方法や考え方など、ある程度理解してもらえたと思います。

 

誤字など多少あるかと思いますが、見やすいブログになっていると思いますし、栽培方法や栽培状況はもちろん、醗酵アミノ酸肥料づくりや土壌分析結果、自家採種の状況なども情報開示してこれたと思います。

 

栽培初め当初は信頼どころか、本当に一人で肥料を作り、農薬を一切使用せず野菜を育て、自家採種までしているのか信用すらしてもらえなかったこともありました。

 

個人で信頼・信用を得るのは簡単なことではありませんが、職人として(生涯一栽培師として)、一人の人間が一から育て上げた野菜を召し上がっていただきたい。

 

軟白したカステルフランコ

 

自分が持っている心と技術の全てを注ぎ込んだ野菜を通して、心の交流をしたい。という強い思いは変わらず持ち続けていきます。(綺麗事だと言われるかもしれないが、本当に野菜を愛する人には理解してもらえるはず)

 

 

 

さて写真は、ブログを始める前から大変お世話になっている【カフェ・ラ・ファミーユ】の[冬野菜サラダ](2月6日撮影)です。(特別に私が育てた野菜だけで盛り付けていただきました)

 

Noah's Ark

 

 

treasure hunt

 

 

奥澤さんに盛り付けてもらうと一つの作品になりますね♪(めちゃくちゃ美味しかった(*^^*)♪)

 

 

正直、奥澤さんに出会えていなければ、これまでフレンチで扱うような野菜を育ててこれたかどうかわかりません。(奥澤さんには、何の後ろ楯のない私の野菜をこころよく扱ってくださいましたし、私が最も重点をおいているカステルフランコの種子を譲っていただいた方でもあります)

 

 

ファミーユでは置いてあるもの一つ一つに物語があり、おとぎの国に迷いこんだ世界がひろがっています。

 

 

いつもの日常に特別なひとときを♪

http://www.cafelafamille.com/

 

また、敷地内にはご両親が新鮮な野菜を育てている菜園やアンティーク・ブロカント雑貨を扱う雑貨店、美容室があり、のどかな北フランスの香りが漂っています。

 

 

まだまだ至らない点もありますが、味に深みがあり、自然を感じることのできる野菜をお届けしていきたい。

 

 

 

 

伝統を受け継ぎながら、独自・独特・独創の世界を生み出す職人への憧れ

 

 

太陽の温もり、

風のささやき、

草木の輝き、

そして小鳥のさえずりをも映し出す。

 

 

 

時を越え、季節が刻み込んだ確かな記憶が、

 

人生に彩りを添える存在であってほしい────

 

そう願いを込めて、これからも育てていきたい。

 

タグ:|||||||||||||||||
日付:2015/03/31 12:58

No.953 神は細部に宿る

昨日に引き続き、今日も晴れてくれましたが、冷たい西風が吹き荒れる一日となりました。

 

写真は、完成した醗酵アミノ酸肥料です。(今まで作ってきた醗酵アミノ酸肥料の中で最高の出来になったと思います!)

 

DSC_1228

 

米糠を醗酵させる一次醗酵(お酒を作る際の床もみみたいなもの)から二次醗酵、乾燥・熟成まで二ヶ月かけ、『神を細部に宿らせる』ことが出来ました。(『神は細部に宿る( God is in the details)』はドイツの建築家:ミース・ファン・デル・ローエさんが好んで使っていた言葉です)

 

DSC_1231

 

この手塩にかけた醗酵アミノ酸肥料を施し、純粋無垢の野菜を育て、種子を採取する。

 

DSC_1230

 

この繰り返しによって、野菜を芸術の域まで高め、人の心に寄り添う存在になってもらえれば幸いです(^^)

 

タグ:||||
日付:2015/02/01 21:32

No.951 もうそろそろ

今日は晴れたものの、冷たい風が吹く一日となりました。

 

DSC_1215

醗酵アミノ酸肥料の温度は14℃。

 

乾燥・熟成に移してから一週間経ち、徐々に温度が低くなってきました。

温度が一桁に下がりましたら、醗酵アミノ酸肥料の完成です。

タグ:
日付:2015/01/28 18:06

No.949 乾燥・熟成中の醗酵アミノ酸肥料

今日も穏やかな天気で暖かい一日でしたね。

 

写真は、乾燥・熟成中の醗酵アミノ酸肥料です。

 

DSC_1207

温度は25℃。

 

DSC_1208

撹拌するごとに醗酵アミノ酸肥料の高さを低くしていき、徐々に温度も低くしていきます。

先日から厚手の毛布は掛けず、ゴザと薄手の毛布だけにしています。

 

タグ:|
日付:2015/01/26 19:47

No.948 不死鳥のようなタルディーヴォ&グリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタス、ロメインレタス生育状況

今日は穏やかで晴れやかな天気でした。(ちょっと良いことがあったので心も晴れやか(^^))

 

写真はグリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタス、ロメインレタスです。

 

DSC_1170

グリーンオーク

 

DSC_1171

レッドオーク

 

DSC_1172

フリンジーグリーン

 

DSC_1173

フリンジーレッド

 

DSC_1174

グリーンリーフ

 

DSC_1175

サニーレタス

 

DSC_1176

ロメインレタス

 

順調に生長していますので、予定通り来月の10日までには収穫できるかな。

 

 

 

醗酵アミノ酸肥料の温度は36℃。

 

DSC_1178

いい感じに乾燥・熟成しています♪

 

 

こちらは不死鳥のようなタルディーヴォ♪

 

DSC_1192

タルディーヴォの葉が不死鳥の羽や尾のように見えます♪

 

タルディーヴォは霜が降り、水耕で軟白しながら古い葉を落とし、中の鮮やかで美しい葉を出しますので、年老いたみすぼらしい不死鳥が生まれ変わり、鮮やかで美しい紅い羽や尾を生やしているようにタルディーヴォの葉が不死鳥の羽や尾のように見えます♪

 

このタルディーヴォはNo.936のタルディーヴォと違い、手のひらサイズの小さなタルディーヴォですので重さは150g程度。

 

DSC_1193

生まれたてのフェニックス(*^^*)(中まで紅いです♪)

 

この繊細な美味しさは是非ともサラダで食べていただきたい♪

 

タグ:|||||
日付:2015/01/24 19:48

No.945 乾燥・熟成へ

今日は朝から雨が降り、一日雨の天気となりましたね。(今日は車のオイル交換をしました(^^))

 

醗酵アミノ酸は肥料の温度は41.5℃。

 

DSC_1165

乾燥・熟成は急激に温度を低くせず、微生物を少しずつ休ませるように温度を下げていきます。

また、ここからは毎日撹拌せず一日おきの撹拌していきます。

タグ:||
日付:2015/01/22 19:20

No.944 粉雪

今日は朝から細かな雪がチラチラと降ったりやんだり。(今日はマジで寒かった……)

夕方からは一時本格的に雪がは降りましたが、六時現在は雨に変わっています。

 

醗酵アミノ酸肥料の温度は43℃。

DSC_1162

 

DSC_1163

 

香ばしい香りがし良い具合に醗酵してきていますので、乾燥・熟成に移行するため、徐々に醗酵アミノ酸肥料の高さを低くしていきながら熱を逃がしていきます。

タグ:|
日付:2015/01/21 18:15

No.943 真冬でも収穫中

昨日は穏やかだった風も、今日は強い西風が吹き続きました。

 

写真はグリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタスです。(ここのところ収穫中のレタス類をアップしていなかったのでアップしてみました)

 

DSC_1156

グリーンオーク

 

DSC_1151

レッドオーク

 

DSC_1158

フリンジーグリーン

 

DSC_1159

フリンジーレッド

 

DSC_1161

グリーンリーフ

 

DSC_1160

サニーレタス

 

真冬ですので朝晩は氷点下になってしまい、傷みのあるレタスもありますが、収穫まで大きく育ってくれているものもあります。

 

 

DSC_1149

醗酵アミノ酸肥料の温度は49℃。

 

DSC_1146

一次醗酵中の甘い香りから香ばしい香りに変化し、順調に醗酵してくれていますので、そろそろ乾燥・熟成へ移行していきたいとと思います。

タグ:||||
日付:2015/01/20 20:07

No.942 晩生カステルフランコ生育状況

今日も天気は良いものの、西風がビュービューと吹き続く一日でした。

 

写真は、晩生のカステルフランコです。

 

DSC_1139

 

DSC_1144

 

軽く結球しているカステルフランコも、まだ結球していないカステルフランコもあります。

No.936でアップした水耕栽培のカステルフランコは軟白しましたので、結球していなくても鮮やかで芸術的な美しい葉をしていましたが、畑のカステルフランコはまだ緑色の葉をしています。

 

 

DSC_1133

今朝の醗酵アミノ酸肥料の温度は49℃。

 

DSC_1134

 

DSC_1135

 

DSC_1138

 

温度計を引き抜いた直後は50℃をさしていましたし、菌糸もしっかりと出ていますので、ここまではパーフェクトと言ってもいいかな(^^)?

 

タグ:|||||
日付:2015/01/18 18:40

No.940 醗酵アミノ酸肥料途中経過

今日は久しぶりに昼前から恵みの雨が降ってきてくれました。

 

今朝の醗酵アミノ酸肥料の温度は47℃。

 

DSC_1121

一次醗酵から一ヶ月、二次醗酵から10日以上経ちました。

一次醗酵時は、目的として、ゆっくりとじっくりと醗酵を促していきますが、なかなか思うように温度が上がらず困っていましたが、二次醗酵に移してからは40℃後半に温度を保ちながら、順調に醗酵してくれています。

 

あと一週間から10日間を目安に撹拌・醗酵させ、その後からは乾燥・熟成させていきたいと思います。

 

タグ:|||
日付:2015/01/15 16:34

次のページ »

月別投稿記事

カレンダー

2018年4月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ガーデンテクノス