人生に彩りを添える野菜であってほしいと願いを込めて育てています。独立栽培師【久保谷健】

1 / 212

No.1000 diggin’ my own identity

今日もすっきりと晴れて、これでもかってほど、お花見日和ですね♪

 

今回のブログ更新で1000回となりました。

 

これまで野菜の生長過程をブログで更新することにより、栽培方法や考え方など、ある程度理解してもらえたと思います。

 

誤字など多少あるかと思いますが、見やすいブログになっていると思いますし、栽培方法や栽培状況はもちろん、醗酵アミノ酸肥料づくりや土壌分析結果、自家採種の状況なども情報開示してこれたと思います。

 

栽培初め当初は信頼どころか、本当に一人で肥料を作り、農薬を一切使用せず野菜を育て、自家採種までしているのか信用すらしてもらえなかったこともありました。

 

個人で信頼・信用を得るのは簡単なことではありませんが、職人として(生涯一栽培師として)、一人の人間が一から育て上げた野菜を召し上がっていただきたい。

 

軟白したカステルフランコ

 

自分が持っている心と技術の全てを注ぎ込んだ野菜を通して、心の交流をしたい。という強い思いは変わらず持ち続けていきます。(綺麗事だと言われるかもしれないが、本当に野菜を愛する人には理解してもらえるはず)

 

 

 

さて写真は、ブログを始める前から大変お世話になっている【カフェ・ラ・ファミーユ】の[冬野菜サラダ](2月6日撮影)です。(特別に私が育てた野菜だけで盛り付けていただきました)

 

Noah's Ark

 

 

treasure hunt

 

 

奥澤さんに盛り付けてもらうと一つの作品になりますね♪(めちゃくちゃ美味しかった(*^^*)♪)

 

 

正直、奥澤さんに出会えていなければ、これまでフレンチで扱うような野菜を育ててこれたかどうかわかりません。(奥澤さんには、何の後ろ楯のない私の野菜をこころよく扱ってくださいましたし、私が最も重点をおいているカステルフランコの種子を譲っていただいた方でもあります)

 

 

ファミーユでは置いてあるもの一つ一つに物語があり、おとぎの国に迷いこんだ世界がひろがっています。

 

 

いつもの日常に特別なひとときを♪

http://www.cafelafamille.com/

 

また、敷地内にはご両親が新鮮な野菜を育てている菜園やアンティーク・ブロカント雑貨を扱う雑貨店、美容室があり、のどかな北フランスの香りが漂っています。

 

 

まだまだ至らない点もありますが、味に深みがあり、自然を感じることのできる野菜をお届けしていきたい。

 

 

 

 

伝統を受け継ぎながら、独自・独特・独創の世界を生み出す職人への憧れ

 

 

太陽の温もり、

風のささやき、

草木の輝き、

そして小鳥のさえずりをも映し出す。

 

 

 

時を越え、季節が刻み込んだ確かな記憶が、

 

人生に彩りを添える存在であってほしい────

 

そう願いを込めて、これからも育てていきたい。

 

タグ:|||||||||||||||||
日付:2015/03/31 12:58

No.835 籾殻を施す

DSC_0332.jpg DSC_0331.jpg DSC_0330.jpg

写真は畑に籾殻を施したところです。(昨日アップするのを忘れてました…)

もう少し早く施したかったのですが、用事であったり、梅雨ですので、にわか雨等により少し遅くなってしまいました。

日付:2014/07/03 06:01

No.831 この世で最も美味しい野菜

DSC_0312.jpg DSC_0311.jpg DSC_0313.jpg DSC_0307.jpg

今日も梅雨の中休みとなり、一日晴れてくれましたね。

写真は自家採種したカーボロネロの種子と、再び生えてきた自家採種するカステルフランコ(No.813、814参照)の花です。

今年も灼熱の暑さや暴風雨、凍えるような冬の寒さと大雪にも耐えてくれ、無事カーボロネロの種子を採種することができました。

おそらく、山菜や野草(ハーブ)であれば、人が足を踏み入れない手つかずの森や草原などで自生しているものが一番美味しいと思います。

では野菜も手付かずの自然あふれていた地球で、最初に種子を蒔かれた野菜が一番美味しいのでしょうか。

それとも自然の営みを活かし続けてきた、近代農業が始まる直前のものなのか。

野菜は定義として、人が食することを目的とし、太古の昔から人が天や大地の恵みを糧に育てあげた、自然と人の共同傑作の植物。

もちろん、その人その人個人個人によって、どういうものが美味しいのかは違ってきますし、時と場合、見る視点や角度、時代によっても変わってきます───が、

不変的なものも必ずある。

それを忘れず軸に、自然の営みを活かし、自分らしさを表現する。

私は野菜栽培において、食物連鎖である生命の循環や自然の摂理を重点的に考えています。

人が食するために、「収穫」という行動によって失われた畑の栄養分を、『思い』を込め作り上げた肥料や堆肥、ミネラル肥料をバランスよく施すことにより、その植物にとって最適な環境や場所を整え、個性や可能性をひきだすことに力をそそいでいます。

余計な手は加えず、物理性・生物性・化学性の三つを考慮し、野菜が健康に元気よく育つ環境を再現する。

このように、健康に元気よく育てあげた野菜もまた、この世でもっとも美味しい野菜の一つでありたい。

この話しは、羊の移牧やチーズがメインですが、その中に「人間が羊(の習性)にあわせる」という言葉がありました。


世界遺産 時を刻む「フランス 羊と育む緑の大地… 投稿者 diver7jp

なんでも人間の都合のいいように合わせてしまう世の中で、人間に羊をあわせるのではなく、人間が羊にあわせ良質なチーズを作る。(素晴らしい!!)

おそらく、私が理想とする野菜が育つのは、私が生きている間には出来ないと思います。

100年、1000年、10000年と種子を紡いでいったさきに、この世で最も美味しさを感じる野菜が育つと願っています。

私はその礎となり、時を越えて思いを伝えたい。

もし、あの世に行くことになりましたら、あの世で一番美味しい野菜を育てたいですね。

そして、これからも種子を自らの手で紡いでいきたい。

という願望です(笑)

タグ:
日付:2014/06/16 20:41

No.678 土壌分析結果&醗酵アミノ酸肥料、腐葉土を加え醗酵させた 米糠&カーボロネロの植え替え

今日は厚い雲に覆われた一日で、夕方からは雨が降り始めました。(朝方にかけて激しい豪雨になるらしい…)

土壌分析結果(採出日7月1日)
……………………………理想値……………測定値
pH(H2O抽出)……………5.5〜6.5……………6.75
EC(ms/cm)………………………………………0.27
CEC(me/100g)
陽イオン交換容量………15〜30……………25.10
K2O(mg/100g)
カリウム……………CEC(25.1)→(106)……72.10
MgO(mg/100g)
マグネシウム………CEC(25.1)→(90)………67.50
CaO(mg/100g)
カルシウム…………CEC(25.1)→(443)……610.00
NH4ーN(mg/100g)
アンモニア態窒素……………………………1.30
NO3ーN(mg/100g)
硝酸態窒素……………………………………4.60
P2O5(mg/100g)
リン酸…………………………………………115.00
Pーabc
リン酸吸収係数………1600以下……………1403.80
塩基飽和度(%)…………60〜80……………106.4%
苦土/加里比………………2…………………2.20
石灰/苦土比……………2.5〜6………………6.46
塩基バランス
CEC(25.10)
加里(カリウム)…………………………………68%
苦土(マグネシウム)……………………………75%
石灰(カルシウム)……………………………138%

ほぼ理想値に入っていますし、少し多めのカルシウムも私の理想通りです。

あえて点数を付けるのであれば、90点以上だと思います。

昨年と一昨年の土壌分析結果は、カテゴリー内の土壌分析から御覧下さい。

すでに豚プンおが屑堆肥は施してありますので、今日は醗酵アミノ酸肥料、腐葉土を加え醗酵させた米糠を施しました。(貝の化石の粉末、マグネシウム・微量要素などのミネラル肥料は昨日のうちに施してあります)

そして、カーボロネロはいつも通り、少し大きいポットへ植え替え。

タグ:||||||
日付:2013/08/23 18:49

No.471 なかなか米糠の温度が上がらない…

DSC_0336.JPG

なかなか米糠の温度が上がりません…。

色々と考えたところ、気温も低くなかなか上がらないので、撹拌するのを1日おきから2日おきに変えようと思っています。

今日は冬至です。日が短く、寒いので柚子湯に入って温まりましょう。(明日も冷たい雪?みぞれ?雨?が降るみたいですし)

風邪を引かないようにカボチャとコンニャクも食べました。(人参も)

話しは変わりますが、近年各地で耕作放棄地が増えているようです(私の住んでいる八千代ではそんなことない)が、有効活用の一つとして自然栽培を行えば良いのではないでしょうか。

自然栽培とは無農薬・無肥料・無耕起で何もしない事を善しとし、ただ種を撒くだけで、誰にでも出来る農法です。(個人的にはちょっと宗教的なイメージが強い………)
※自然栽培や自然農法の栽培方法の解釈は人によって多少違いがあります

都会ではなかなか出来ませんが、畑があれば何処でもできます。

万が一、災害が起きた時の非常食にもなりますし、日常的に収穫もできます。

私の栽培では生き物は土に還り、土から新しい命が育まれるという循環型の営みがあると思っていますので、土壌分析をし、バランスよく肥料を施します。

タグ:|
日付:2012/12/21 19:25

No.389 今年の土壌分析結果

…………………………理想値……………測定値(昨年)…………測定値

pH(H2O抽出)…………6.0〜6.5………………6.52…………………6.74

EC(ms/cm)……………0.20〜0.50……………0.31…………………0.24

CEC(me/100g)…………15〜30‥……………27.70……………… 24.80
陽イオン交換容量

K2O(mg/100g)……CEC(24.8)→(105) ……… 94.40……………… 85.20
カリウム

MgO(mg/100g)……CEC(24.8)→(89)…………76.50……………… 79.90
マグネシウム

CaO(mg/100g)……CEC(24.8→(437) ……… 603.00 …………… 622.00
カルシウム

NH4-N(mg/100g)………………………………3.90…………………4.90
アンモニア態窒素

NO3-N(mg/100g)………………………………9.10…………………4.60
硝酸態窒素

P2O5(mg/100g)……… 50以上………………134.00…………… 124.00
リン酸

P-abc………………… 1600以下……………1292.50……………1386.30
リン酸吸収係数

塩基飽和度(%)…………60〜80……………… 98.8%……………113.0%

苦土/加里比………………2……………………1.90 ……………… 2.20

石灰/苦土比…………… 6〜7 …………………5.63 ……………… 5.56

塩基バランス
CEC=24.80
カルシウム………………………………………123%………………142%
マグネシウム……………………………………77%…………………89%
カリウム…………………………………………81%…………………81%

という結果になりました。(土の採取日は8月6日)

今年は豚ぷんオガクズ堆肥を施肥してからの土壌分析になってしまったので、一概には比べられませんが(数値が変わってしまう)、豚ぷんオガクズ堆肥を施肥してからでも硝酸態窒素が下がっていたので一安心です。

ほぼ理想値には入っていますが、あえていうとpHとカリウム、リン酸吸収係数を下げ、リン酸を気持ち増やしたい感じがします。

それから、理想値には記入していませんが、アンモニア態窒素と硝酸態窒素の理想値は個人的に5.0以下から2.5以上がベストだと考えています。

注:CEC(陽イオン交換容量)の数値によって変動する数値があります。(理想値はレタス等の葉菜類の理想値です)

各項目の簡単な説明はNo.54に記載しています。

タグ:|||||||||||||||||||
日付:2012/10/07 06:31

No.356 畑に水を掛けてマルチを敷く

DSC_0026.JPG DSC_0027.JPG

今日も暑い天気ですね。(明日は今日よりも暑いらしい)

この先、いつ雨が降るのか分かりませんし、マルチも敷かなければならないので、家の仕事で使っているキリコで水を掛けてあげました。(超ラク)

マルチを敷く辺りまで水をかけたので、仮植えしてから本植えしたポワロまでしかとどいていませんが、時間的余裕もなく端のフェンネルまでは掛けられません。(この際、ポワロやフェンネルがどれだけ乾燥に耐えられるかみてみたいと思います)

量的には2500リットル(2.5トン)を掛けましたが、ほぼ表面しか湿っていないと思います。(でも、やらないより大分マシ)

午後からはマルチを敷き、定植に備えました。

土壌分析結果が出ていましたが、アップするのを忘れていたので、後日昨年の土壌分析結果と比較しながらアップしたいと思います。

タグ:||
日付:2012/08/28 20:04

No.124 信用・信頼してもらえる出来事?

DSC_0296.JPG DSC_0294.JPG

昨日は無垢栽培(無散布)が信用・信頼されるようにするには、どうすればいいのか考えを述べましたが、早速、信用・信頼してもらえる 出来事がありました。

それはカーボロネロを収穫していると、カマキリが卵を産んでいました。

食事中の方はスミマセン。

お酢や焼酎さえも散布せず、自然に近い畑でないと、この現象はなかなか起きないのではないでしょうか。

もちろん、このカーボロネロは収穫していませんよ。

No.55の畑の土壌分析結果でアップしたカマキリかもしれませんね。

タグ:|||
日付:2011/11/26 19:27

No.90 土壌の微生物多様性・活性値分析結果[SOIL]

30716B.jpeg

ディージーシー総合研究所新潟ラボで試験検査を行いました。(名義は森口さんの知人)

土壌微生物多様性・活性値とは

微生物群集の有機物分解活性の多様性と高さを数値化したものです。

95種類の異なった有機物(微生物のエサ)が入った試験用プレートに、サンプル土壌の懸濁液を入れて、15分間隔で48時間連続的に測定して、各有機物が分解される速度を調べます。

微生物によって分解できる有機物の種類は異なっていますので、たくさんの種類の有機物が分解できたということは、たくさんの種類の微生物がいるということになります。

また、有機物の分解速度が速いということは、それだけ微生物が活発に働いているということになります。

と資料に書いてあります。

ただ、微生物が多すぎると作物と微生物が窒素(エサ)を取り合い、窒素飢餓になると思うのですが、どうなのでしょうか 

詳しくは後日、研究者の方に聞けるらしいので、聞いてみます。

では、土壌微生物多様性・活性値の結果は

土壌微生物多様性・活性値(偏差値)940,197(54.3)です。(800,000以上だとSOILマークを付けられるそうです。)

平均値は800,000なので、とりあえず一安心。

これで物理性・生物性・化学性の3つのうち化学性と生物性の2つが数字で見る事ができます。(化学性の土壌分析はNo.55に書いてあります。)

今後も機会があれば、いろいろと調べていき、良い事も悪い事も、情報開示していきたいと思います。

タグ:|
日付:2011/11/05 18:45

No.62 土壌微生物

昨日、森口農園の森口さんから土壌微生物の多様性・活性値分析を調べてみようという話があり、資料等を受け取ってきました。

詳しくは分かりませんが、資料を見ると微生物の数や種類(有用菌か病原菌か)を調べる事ではなく、多様性と活性値を調べる事だそうです。

活性指数が高い方が良いとの事で、一般的に600000より高い方が良いらしいです。

どのような数値が出るか分かりませんが、1つの目安として見てみたいと思います。

調べて結果が出るのに時間がかかるみたいですが、結果が出ましたらブログにアップしたいと思います。

ちょっと楽しみですが、ちょっと不安です。

タグ:
日付:2011/10/16 12:57

次のページ »

月別投稿記事

カレンダー

2018年4月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ガーデンテクノス