人生に彩りを添える野菜であってほしいと願いを込めて育てています。独立栽培師【久保谷健】

No.1000 diggin’ my own identity

今日もすっきりと晴れて、これでもかってほど、お花見日和ですね♪

 

今回のブログ更新で1000回となりました。

 

これまで野菜の生長過程をブログで更新することにより、栽培方法や考え方など、ある程度理解してもらえたと思います。

 

誤字など多少あるかと思いますが、見やすいブログになっていると思いますし、栽培方法や栽培状況はもちろん、醗酵アミノ酸肥料づくりや土壌分析結果、自家採種の状況なども情報開示してこれたと思います。

 

栽培初め当初は信頼どころか、本当に一人で肥料を作り、農薬を一切使用せず野菜を育て、自家採種までしているのか信用すらしてもらえなかったこともありました。

 

個人で信頼・信用を得るのは簡単なことではありませんが、職人として(生涯一栽培師として)、一人の人間が一から育て上げた野菜を召し上がっていただきたい。

 

軟白したカステルフランコ

 

自分が持っている心と技術の全てを注ぎ込んだ野菜を通して、心の交流をしたい。という強い思いは変わらず持ち続けていきます。(綺麗事だと言われるかもしれないが、本当に野菜を愛する人には理解してもらえるはず)

 

 

 

さて写真は、ブログを始める前から大変お世話になっている【カフェ・ラ・ファミーユ】の[冬野菜サラダ](2月6日撮影)です。(特別に私が育てた野菜だけで盛り付けていただきました)

 

Noah's Ark

 

 

treasure hunt

 

 

奥澤さんに盛り付けてもらうと一つの作品になりますね♪(めちゃくちゃ美味しかった(*^^*)♪)

 

 

正直、奥澤さんに出会えていなければ、これまでフレンチで扱うような野菜を育ててこれたかどうかわかりません。(奥澤さんには、何の後ろ楯のない私の野菜をこころよく扱ってくださいましたし、私が最も重点をおいているカステルフランコの種子を譲っていただいた方でもあります)

 

 

ファミーユでは置いてあるもの一つ一つに物語があり、おとぎの国に迷いこんだ世界がひろがっています。

 

 

いつもの日常に特別なひとときを♪

http://www.cafelafamille.com/

 

また、敷地内にはご両親が新鮮な野菜を育てている菜園やアンティーク・ブロカント雑貨を扱う雑貨店、美容室があり、のどかな北フランスの香りが漂っています。

 

 

まだまだ至らない点もありますが、味に深みがあり、自然を感じることのできる野菜をお届けしていきたい。

 

 

 

 

伝統を受け継ぎながら、独自・独特・独創の世界を生み出す職人への憧れ

 

 

太陽の温もり、

風のささやき、

草木の輝き、

そして小鳥のさえずりをも映し出す。

 

 

 

時を越え、季節が刻み込んだ確かな記憶が、

 

人生に彩りを添える存在であってほしい────

 

そう願いを込めて、これからも育てていきたい。

 

タグ:|||||||||||||||||
日付:2015/03/31 12:58

No.836 ポワロ本植え

DSC_0337.jpg

台風が過ぎ去った、一昨日と昨日は猛暑日となりましたが、今日は雲がひろがり、比較的過ごしやすい一日となりました。

写真は本植えしたポワロです。

ブログにはアップ出来ませんでしたが、醗酵アミノ酸肥料や貝化石の粉末、微量要素などを施してあります。

正直、もう少し早く本植えをしたかったのですが、やはり梅雨の時期ですので、なかなか都合よく作業が出来ませんでした。

しかし、それでもしっかりと根がつき太く元気よく育ってくれると思います。

またポワロの種子、黄人参の種子も採種しましたので、後日それもアップしたいと思います。

タグ:|
日付:2014/07/13 19:38

No.831 この世で最も美味しい野菜

DSC_0312.jpg DSC_0311.jpg DSC_0313.jpg DSC_0307.jpg

今日も梅雨の中休みとなり、一日晴れてくれましたね。

写真は自家採種したカーボロネロの種子と、再び生えてきた自家採種するカステルフランコ(No.813、814参照)の花です。

今年も灼熱の暑さや暴風雨、凍えるような冬の寒さと大雪にも耐えてくれ、無事カーボロネロの種子を採種することができました。

おそらく、山菜や野草(ハーブ)であれば、人が足を踏み入れない手つかずの森や草原などで自生しているものが一番美味しいと思います。

では野菜も手付かずの自然あふれていた地球で、最初に種子を蒔かれた野菜が一番美味しいのでしょうか。

それとも自然の営みを活かし続けてきた、近代農業が始まる直前のものなのか。

野菜は定義として、人が食することを目的とし、太古の昔から人が天や大地の恵みを糧に育てあげた、自然と人の共同傑作の植物。

もちろん、その人その人個人個人によって、どういうものが美味しいのかは違ってきますし、時と場合、見る視点や角度、時代によっても変わってきます───が、

不変的なものも必ずある。

それを忘れず軸に、自然の営みを活かし、自分らしさを表現する。

私は野菜栽培において、食物連鎖である生命の循環や自然の摂理を重点的に考えています。

人が食するために、「収穫」という行動によって失われた畑の栄養分を、『思い』を込め作り上げた肥料や堆肥、ミネラル肥料をバランスよく施すことにより、その植物にとって最適な環境や場所を整え、個性や可能性をひきだすことに力をそそいでいます。

余計な手は加えず、物理性・生物性・化学性の三つを考慮し、野菜が健康に元気よく育つ環境を再現する。

このように、健康に元気よく育てあげた野菜もまた、この世でもっとも美味しい野菜の一つでありたい。

この話しは、羊の移牧やチーズがメインですが、その中に「人間が羊(の習性)にあわせる」という言葉がありました。


世界遺産 時を刻む「フランス 羊と育む緑の大地… 投稿者 diver7jp

なんでも人間の都合のいいように合わせてしまう世の中で、人間に羊をあわせるのではなく、人間が羊にあわせ良質なチーズを作る。(素晴らしい!!)

おそらく、私が理想とする野菜が育つのは、私が生きている間には出来ないと思います。

100年、1000年、10000年と種子を紡いでいったさきに、この世で最も美味しさを感じる野菜が育つと願っています。

私はその礎となり、時を越えて思いを伝えたい。

もし、あの世に行くことになりましたら、あの世で一番美味しい野菜を育てたいですね。

そして、これからも種子を自らの手で紡いでいきたい。

という願望です(笑)

タグ:
日付:2014/06/16 20:41

No.678 土壌分析結果&醗酵アミノ酸肥料、腐葉土を加え醗酵させた 米糠&カーボロネロの植え替え

今日は厚い雲に覆われた一日で、夕方からは雨が降り始めました。(朝方にかけて激しい豪雨になるらしい…)

土壌分析結果(採出日7月1日)
……………………………理想値……………測定値
pH(H2O抽出)……………5.5〜6.5……………6.75
EC(ms/cm)………………………………………0.27
CEC(me/100g)
陽イオン交換容量………15〜30……………25.10
K2O(mg/100g)
カリウム……………CEC(25.1)→(106)……72.10
MgO(mg/100g)
マグネシウム………CEC(25.1)→(90)………67.50
CaO(mg/100g)
カルシウム…………CEC(25.1)→(443)……610.00
NH4ーN(mg/100g)
アンモニア態窒素……………………………1.30
NO3ーN(mg/100g)
硝酸態窒素……………………………………4.60
P2O5(mg/100g)
リン酸…………………………………………115.00
Pーabc
リン酸吸収係数………1600以下……………1403.80
塩基飽和度(%)…………60〜80……………106.4%
苦土/加里比………………2…………………2.20
石灰/苦土比……………2.5〜6………………6.46
塩基バランス
CEC(25.10)
加里(カリウム)…………………………………68%
苦土(マグネシウム)……………………………75%
石灰(カルシウム)……………………………138%

ほぼ理想値に入っていますし、少し多めのカルシウムも私の理想通りです。

あえて点数を付けるのであれば、90点以上だと思います。

昨年と一昨年の土壌分析結果は、カテゴリー内の土壌分析から御覧下さい。

すでに豚プンおが屑堆肥は施してありますので、今日は醗酵アミノ酸肥料、腐葉土を加え醗酵させた米糠を施しました。(貝の化石の粉末、マグネシウム・微量要素などのミネラル肥料は昨日のうちに施してあります)

そして、カーボロネロはいつも通り、少し大きいポットへ植え替え。

タグ:||||||
日付:2013/08/23 18:49

No.649 自家採種するカステルフランコと黒人参

今日は久しぶりに猛暑が戻ってきましたね。

明日から数日雨が降るという予報でしたので、今日は忙しくて写真は撮影できませんでした。

種子をつけたカステルフランコ、黒人参の茎から種子を採り、種子を陰乾ししてから播種に備えます。(時間が空いた時に採取します)

昨日、醗酵アミノ酸肥料や腐葉土をベースとした醗酵米糠、ミネラル肥料などを施しておいたので、雨が降る前に仮植えしたポワロも本植えしたかったのですが、なかなか時間が取れず、雨が上がってからの本植えになりそうです。

タグ:||||
日付:2013/07/23 19:40

No.647 自家採種するアーティチョーク

DSC_0289.jpg DSC_0290.jpg DSC_0291.jpg DSC_0292.jpg

今日は青空がひろがり日中は暑かったですが、心地よい風が吹き、比較的過ごしやすい一日となりました。

写真は自家採種するアーティチョークです。

まだ少し早いような気もしますが、ポワロを本植えしたいので、アーティチョークを切り取りました。

棘のない大きな主枝のアーティチョークを2本のみの採取。

籾殻も施しましたので、今後は豚ぷんオガクズ堆肥や腐葉土をベースとした醗酵米糠、醗酵アミノ酸肥料、ミネラル肥料(化石貝粉末、マグネシウム・微量要素)を施し、ポワロの本植えに備えたいと思います。

タグ:|
日付:2013/07/19 19:00

No.199 究極の土〔腐葉土〕

DSC_0085.JPG

写真は4年前にかき集めて出来た腐葉土です。

私が理想とする物理性・生物性・化学性のバランスが極めて優れています。

葉菜類だけでなく、果菜類、根菜類等、様々な植物が育つ、土の原点です。

そして、この腐葉土をベースに醗酵アミノ酸肥料や籾殻堆肥、豚糞オガクズ堆肥、ミネラル肥料を施し、葉菜類に最適な土壌で栽培します。

タグ:|||
日付:2012/01/29 17:35

No.54 土壌分析詳細

土壌分析の事を書きたいと思いますが、ネット検索してみると詳しく書いてありますので、ここでは簡単にわかりやすく 書きたいと思います。

土壌分析には、重量法と体積法がありますが、重量法を採用しています。

土壌分析の詳細

pHは作物により最適pHは異なりますが、レタスやキャベツ等の場合は6.0〜6.5の微酸性です。

極端にpHが低い場合に石灰を施しpHを強制的に上げようという方がいますが、その考え方は間違っています。

養分をバランスよく施肥していれば、おのずとよくなります。

EC(電気伝導度)は主に硝酸態窒素等の無機のマイナスイオンを測定し、養分や塩類の蓄積を調べる事ができます。

理想値0.5以下

ECは有機栽培の場合、みなくてもいいと言われていますが、慣行栽培から有機栽培に切りかえた畑では、ECを計った方が良いでしょう。

理由は、有機栽培に切りかえたばかりの時のECと、有機栽培に切りかえてから数年後のECを比べる事ができ、ECが低くならない場合は改善の余地があるという事になります。

CEC(陽イオン交換容量)は土壌の保肥力でCECのない分析データは意味がないと言っていいでしょう。

理想値15〜30

CECが変動するとカルシウムやマグネシウム、カリウムの適正肥料成分量の上限値と下限値が変動するからです。

pHも変わってきます。

リン酸吸収係数は前にも『ミネラル肥料』のところで書きましたが、リン酸が吸収できる状態にあるのか、ないのか数値で見る事ができます。

理想値1600以下

数字が低い程リン酸が吸収しやすい。

リン酸は土壌中のアルミや鉄等に固定されてしまい、吸収されにくくなります。

塩期飽和度(%)はCECの容量をどれぐらい使われているのか分かります。

理想値60〜80

一般的にCECが胃袋に例えられ、腹八分目(塩期飽和度)がいいと言われています。

それぞれ、簡単に分かりやすく書いたので、言葉足らずのところもありますが、今後、詳しい事はブログを書いていく中で書いていければと思います。

タグ:|||||||||
日付:2011/10/09 17:45

No.17 ミネラル肥料

あまりにも当たり前過ぎて忘れてました。

マグネシウムと微量要素、カルシウムのミネラル肥料は醗酵させた有機質肥料とは別に施肥します。

それは、有機質肥料で全てをバランスよく施肥しようとしてもマグネシウムだけは不足してしまいます。

それは有機物にはほとんどマグネシウムは含まれていないからです。

マグネシウムの役割は葉緑素の中心物質であり、光合成を行う上で欠かせないものです。

リン酸をアルミ等から剥がし吸収しやすくしてくれる作用もあります。(リン酸は土壌に含まれるアルミとくっついて作物が吸収できなくなります。土壌分析で書いたリン酸吸収係数です。)

マグネシウムを入れると虫があまり寄りつかなくなるという事もあるそうです。(だから漢字で苦土と書くのかも知れません)

微量要素はホウ素やマンガン等で、醗酵させた有機物を施すと土壌に団粒構造ができ、根のはりがよくなり栄養分を吸収しやすくなります。
その為、醗酵アミノ酸肥料や各堆肥だけの微量要素だけでは足りず微量要素も少しだけ施します。

カルシウムも醗酵アミノ酸肥料のカルシウム(卵の殻)だけでは足りないので、貝の化石を粉末状にしたものを使用します。

それとカリウム1に対してマグネシウムが2カルシウムが7になるように施します。(一般的に1:2:5といわれますが、それは水耕栽培の黄金比率です。)

土壌で葉菜を栽培する場合は1:2:7がベストだと思っています。(気温が高い時期や低い時期には変動します。)

ですので、醗酵アミノ酸肥料や各堆肥でカリウムを調節し、マグネシウム、微量要素、カルシウムをバランスよく施肥します。

タグ:|||||||||||
日付:2011/09/10 18:53

月別投稿記事

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ガーデンテクノス