人生に彩りを添える野菜であってほしいと願いを込めて育てています。独立栽培師【久保谷健】

1 / 812345...最後 »

No.1000 diggin’ my own identity

今日もすっきりと晴れて、これでもかってほど、お花見日和ですね♪

 

今回のブログ更新で1000回となりました。

 

これまで野菜の生長過程をブログで更新することにより、栽培方法や考え方など、ある程度理解してもらえたと思います。

 

誤字など多少あるかと思いますが、見やすいブログになっていると思いますし、栽培方法や栽培状況はもちろん、醗酵アミノ酸肥料づくりや土壌分析結果、自家採種の状況なども情報開示してこれたと思います。

 

栽培初め当初は信頼どころか、本当に一人で肥料を作り、農薬を一切使用せず野菜を育て、自家採種までしているのか信用すらしてもらえなかったこともありました。

 

個人で信頼・信用を得るのは簡単なことではありませんが、職人として(生涯一栽培師として)、一人の人間が一から育て上げた野菜を召し上がっていただきたい。

 

軟白したカステルフランコ

 

自分が持っている心と技術の全てを注ぎ込んだ野菜を通して、心の交流をしたい。という強い思いは変わらず持ち続けていきます。(綺麗事だと言われるかもしれないが、本当に野菜を愛する人には理解してもらえるはず)

 

 

 

さて写真は、ブログを始める前から大変お世話になっている【カフェ・ラ・ファミーユ】の[冬野菜サラダ](2月6日撮影)です。(特別に私が育てた野菜だけで盛り付けていただきました)

 

Noah's Ark

 

 

treasure hunt

 

 

奥澤さんに盛り付けてもらうと一つの作品になりますね♪(めちゃくちゃ美味しかった(*^^*)♪)

 

 

正直、奥澤さんに出会えていなければ、これまでフレンチで扱うような野菜を育ててこれたかどうかわかりません。(奥澤さんには、何の後ろ楯のない私の野菜をこころよく扱ってくださいましたし、私が最も重点をおいているカステルフランコの種子を譲っていただいた方でもあります)

 

 

ファミーユでは置いてあるもの一つ一つに物語があり、おとぎの国に迷いこんだ世界がひろがっています。

 

 

いつもの日常に特別なひとときを♪

http://www.cafelafamille.com/

 

また、敷地内にはご両親が新鮮な野菜を育てている菜園やアンティーク・ブロカント雑貨を扱う雑貨店、美容室があり、のどかな北フランスの香りが漂っています。

 

 

まだまだ至らない点もありますが、味に深みがあり、自然を感じることのできる野菜をお届けしていきたい。

 

 

 

 

伝統を受け継ぎながら、独自・独特・独創の世界を生み出す職人への憧れ

 

 

太陽の温もり、

風のささやき、

草木の輝き、

そして小鳥のさえずりをも映し出す。

 

 

 

時を越え、季節が刻み込んだ確かな記憶が、

 

人生に彩りを添える存在であってほしい────

 

そう願いを込めて、これからも育てていきたい。

 

タグ:|||||||||||||||||
日付:2015/03/31 12:58

No.982 グリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタス、ロメインレタス生育状況

今日も気持ちよく晴れてくれましたね。(でも、まだまだ風は冷たい)

 

あぁ~、あの日からもう4年も経つのか……(あの時は本当に地球が爆発するかと思った…)

 

写真は、グリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタス、ロメインレタスです。

 

DSC_1450

グリーンオーク

 

DSC_1451

レッドオーク

 

DSC_1452

フリンジーグリーン

 

DSC_1453

フリンジーレッド

 

DSC_1454

グリーンリーフ

 

DSC_1455

サニーレタス

 

DSC_1456

ロメインレタス

 

今回の冬野菜の栽培はこのレタスたちで終わりです。

寒さが緩む3月に入り、暖かい日もあるので順調に育ってくれました。

 

 

また、パクチーファランが播種から一ヶ月以上かけて発芽したかもしれませんので、間違いでなければ写真に収め、明日アップしたいと思います。

タグ:|
日付:2015/03/11 19:32

No.968 ベビーリーフ、マイクロリーフも

ここ数日、寒さもゆるみ、春の息吹を感じるようになりました。

今日も雲が多かったものの、空気は温かかったように思います。

 

写真は、グリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタスです。

 

DSC_1352

 

DSC_1353

 

DSC_1354

 

DSC_1355

 

DSC_1357

 

DSC_1358

 

寒さも緩みはじめ、生育が順調に生長するこの時期は、虫もいなく育てやすいさ時期だと思います。

 

 

こちらはセルフィーユとレッドアマランスです。

 

DSC_1359

セルフィーユは数年ぶりの栽培になりますね。

何を思ったか、なんとなく苗で生長させてから草むらに定植して、自生っぽくなっていければ。

 

DSC_1364

レッドアマランスはマイクロリーフとして育てたことはありますが、簡単に収穫しやすいものですので、わざわざ育てることもないかなぁと思っていましたが、葉菜類を専門に育てる身として(人参なども育ていますが)、ベビーリーフ、マイクロリーフも本格的に扱っていこうと播種してみました。

 

タグ:||||||
日付:2015/02/24 23:01

No.956 グリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタス、ロメインレタス生育状況

昨日は雪の予報でしたが、雨になってくれて良かったですね(^^)(冷たかったけど助かった…)

 

写真はグリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタス、ロメインレタスです。

 

DSC_1251

グリーンオーク

 

DSC_1252

レッドオーク

 

DSC_1253

フリンジーグリーン

 

DSC_1254

フリンジーレッド

 

DSC_1255

グリーンリーフ

 

DSC_1256

サニーレタス

 

DSC_1249

ロメインレタス

 

霜柱が厳しい朝も続きますが、トンネル栽培ですので寒さにやられることもなく、順調に生長してきました。

 

すでに収穫しているレタスもありますが、もう少し大きく育ってからがベストでしょう。

 

タグ:
日付:2015/02/06 19:37

No.948 不死鳥のようなタルディーヴォ&グリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタス、ロメインレタス生育状況

今日は穏やかで晴れやかな天気でした。(ちょっと良いことがあったので心も晴れやか(^^))

 

写真はグリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタス、ロメインレタスです。

 

DSC_1170

グリーンオーク

 

DSC_1171

レッドオーク

 

DSC_1172

フリンジーグリーン

 

DSC_1173

フリンジーレッド

 

DSC_1174

グリーンリーフ

 

DSC_1175

サニーレタス

 

DSC_1176

ロメインレタス

 

順調に生長していますので、予定通り来月の10日までには収穫できるかな。

 

 

 

醗酵アミノ酸肥料の温度は36℃。

 

DSC_1178

いい感じに乾燥・熟成しています♪

 

 

こちらは不死鳥のようなタルディーヴォ♪

 

DSC_1192

タルディーヴォの葉が不死鳥の羽や尾のように見えます♪

 

タルディーヴォは霜が降り、水耕で軟白しながら古い葉を落とし、中の鮮やかで美しい葉を出しますので、年老いたみすぼらしい不死鳥が生まれ変わり、鮮やかで美しい紅い羽や尾を生やしているようにタルディーヴォの葉が不死鳥の羽や尾のように見えます♪

 

このタルディーヴォはNo.936のタルディーヴォと違い、手のひらサイズの小さなタルディーヴォですので重さは150g程度。

 

DSC_1193

生まれたてのフェニックス(*^^*)(中まで紅いです♪)

 

この繊細な美味しさは是非ともサラダで食べていただきたい♪

 

タグ:|||||
日付:2015/01/24 19:48

No.943 真冬でも収穫中

昨日は穏やかだった風も、今日は強い西風が吹き続きました。

 

写真はグリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタスです。(ここのところ収穫中のレタス類をアップしていなかったのでアップしてみました)

 

DSC_1156

グリーンオーク

 

DSC_1151

レッドオーク

 

DSC_1158

フリンジーグリーン

 

DSC_1159

フリンジーレッド

 

DSC_1161

グリーンリーフ

 

DSC_1160

サニーレタス

 

真冬ですので朝晩は氷点下になってしまい、傷みのあるレタスもありますが、収穫まで大きく育ってくれているものもあります。

 

 

DSC_1149

醗酵アミノ酸肥料の温度は49℃。

 

DSC_1146

一次醗酵中の甘い香りから香ばしい香りに変化し、順調に醗酵してくれていますので、そろそろ乾燥・熟成へ移行していきたいとと思います。

タグ:||||
日付:2015/01/20 20:07

No.938 グリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタス、ロメインレタス生育状況

今日は穏やかに晴れ、仕事日和となりました。

写真はグリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタス、ロメインレタスです。

 

 

DSC_1105

グリーンオーク

 

DSC_1106

レッドオーク

 

DSC_1107

フリンジーグリーン

 

DSC_1108

フリンジーレッド

 

DSC_1109

グリーンリーフ

 

DSC_1110

サニーレタス

 

DSC_1104

ロメインレタス

 

真冬ですので朝晩は冷え込み、マイナス気温が続きますが、順調に生長しています。

年内に定植しましたので、来月の初旬辺りに収穫できると思います。

 

 

今朝の醗酵アミノ酸肥料の温度は47.5℃。

二次醗酵に移行してからは46.5℃~50℃と適温で推移しています。

 

タグ:|||
日付:2015/01/13 19:41

No.920 朔旦冬至

風は冷たいものの今日も晴れ、爽やかな一日となりました。

今日は、新月と冬至が重なる朔旦冬至(さくたん)という縁起の良い冬至だそうです。(太陽はこれから陽が延びはじめ、月は新月から満月に[復活]していく)

 

 

写真はグリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッドです。

 

DSC_0978

グリーンオーク

 

DSC_0979

レッドオーク

 

DSC_0981

フリンジーグリーン

 

DSC_0982

フリンジーレッド

 

今日は冬至で、寒さが厳しい時期であり、傷みの激しいものもありますが、厳しい冬に負けることなく力強く育っています。

 

 

 

こちらは一次醗酵している米糠です。

DSC_0985

 

仕込み始めは、ピンポン玉大の塊がありましたが、毎日撹拌していますので、大きなものでも、直径1cm未満の小さな米粒ぐらいの小ささになっています。(これで満遍なく醗酵します)

 

温度は2.5℃。

 

今日はゆっくり柚子湯に入ろう♪

 

タグ:|||
日付:2014/12/22 17:34

No.915 米糠の温度は

昨日は夕方から雨が降り、今日も一日曇り空のスッキリしない天気でした。

 

写真は、一昨日定植したグリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタス、ロメインレタス、アイスプラント、マーシュです。

 

DSC_0951

 

DSC_0950

 

真冬の定植ですので、マルチの幅を広くし、九尺のパイプを使用しています。

 

 

一次醗酵している米糠の温度は2.5℃。

醗酵アミノ酸肥料を開始してから一週間経ちましたので、それそろ毛布を掛け、温度を上げていきたいと思います。

 

タグ:||
日付:2014/12/12 20:00

No.914 グリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタス、ロメインレタス定植

今日も一日穏やかに晴れてくれました。

 

醗酵アミノ酸肥料の米糠の温度は2.5℃。

まだ醗酵はしていませんが、ゆっくりとじっくりと微生物が分解していますので、好気性醗酵させるため、毎朝撹拌しています。

 

 

また暗くなってしまったので、写真を撮れませんでしたが、グリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタス、ロメインレタス、アイスプラント、マーシュを定植しました。

写真は、後日アップしたいと思います。

 

タグ:|||||
日付:2014/12/10 18:05

次のページ »

月別投稿記事

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ガーデンテクノス