人生に彩りを添える野菜であってほしいと願いを込めて育てています。独立栽培師【久保谷健】

1 / 41234

No.953 神は細部に宿る

昨日に引き続き、今日も晴れてくれましたが、冷たい西風が吹き荒れる一日となりました。

 

写真は、完成した醗酵アミノ酸肥料です。(今まで作ってきた醗酵アミノ酸肥料の中で最高の出来になったと思います!)

 

DSC_1228

 

米糠を醗酵させる一次醗酵(お酒を作る際の床もみみたいなもの)から二次醗酵、乾燥・熟成まで二ヶ月かけ、『神を細部に宿らせる』ことが出来ました。(『神は細部に宿る( God is in the details)』はドイツの建築家:ミース・ファン・デル・ローエさんが好んで使っていた言葉です)

 

DSC_1231

 

この手塩にかけた醗酵アミノ酸肥料を施し、純粋無垢の野菜を育て、種子を採取する。

 

DSC_1230

 

この繰り返しによって、野菜を芸術の域まで高め、人の心に寄り添う存在になってもらえれば幸いです(^^)

 

タグ:||||
日付:2015/02/01 21:32

No.943 真冬でも収穫中

昨日は穏やかだった風も、今日は強い西風が吹き続きました。

 

写真はグリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッド、グリーンリーフ、サニーレタスです。(ここのところ収穫中のレタス類をアップしていなかったのでアップしてみました)

 

DSC_1156

グリーンオーク

 

DSC_1151

レッドオーク

 

DSC_1158

フリンジーグリーン

 

DSC_1159

フリンジーレッド

 

DSC_1161

グリーンリーフ

 

DSC_1160

サニーレタス

 

真冬ですので朝晩は氷点下になってしまい、傷みのあるレタスもありますが、収穫まで大きく育ってくれているものもあります。

 

 

DSC_1149

醗酵アミノ酸肥料の温度は49℃。

 

DSC_1146

一次醗酵中の甘い香りから香ばしい香りに変化し、順調に醗酵してくれていますので、そろそろ乾燥・熟成へ移行していきたいとと思います。

タグ:||||
日付:2015/01/20 20:07

No.940 醗酵アミノ酸肥料途中経過

今日は久しぶりに昼前から恵みの雨が降ってきてくれました。

 

今朝の醗酵アミノ酸肥料の温度は47℃。

 

DSC_1121

一次醗酵から一ヶ月、二次醗酵から10日以上経ちました。

一次醗酵時は、目的として、ゆっくりとじっくりと醗酵を促していきますが、なかなか思うように温度が上がらず困っていましたが、二次醗酵に移してからは40℃後半に温度を保ちながら、順調に醗酵してくれています。

 

あと一週間から10日間を目安に撹拌・醗酵させ、その後からは乾燥・熟成させていきたいと思います。

 

タグ:|||
日付:2015/01/15 16:34

No.931 二次醗酵に移行

昨日撹拌した時に、「菌糸はびっちり生えているので明日温度が上がらなくても、二次醗酵に移行しよう」と思っていましたが、幸いにも今朝には少し温度が上がっていました。

 

DSC_1043

20℃台から30℃後半に温度が上がる。

 

DSC_1042

目標の55℃にはとどきませんでしたが、菌糸はびっちり 。

 

DSC_1046

菜種油かす、魚粉、卵の殻、井戸水140Lを加えて撹拌。

 

DSC_1047

 

詳しい醗酵アミノ酸肥料の作り方は、カテゴリー内の醗酵アミノ酸肥料へ。

 

タグ:||||||
日付:2015/01/04 20:34

No.930 米糠のゆくえ

今日は少し西風が強かったですね。

 

年を越した米糠の温度は20℃台になってしまいました。

 

DSC_1041

 

菌糸はびっちり生えているのですが、いっこうに温度が上がらない。(おそらく水分が少ないせいかな?外気温が低いせいではないと思います)

 

DSC_1038

う~~ん、、、

 

タグ:|||
日付:2015/01/03 19:04

No.927 醗酵の温度が低く

今朝、米糠の温度が上がっていれば、二次醗酵に移行するつもりでしたが、昨日に続き、今日も醗酵温度が低くなっていました……。

 

DSC_1017

 

中心の温度は34℃でしたが、表面の温度は20℃台。

もう少し毛布をかけた方がいいのかな??

タグ:||
日付:2014/12/31 13:27

No.926 二次醗酵に移れず

今朝はものすごい霧でしたねぇ。

 

昨日、予告していた二次醗酵への移行ですが、ゴザを取った時には米糠自体から湯気が出て50℃台には達しているかな?と思いましたが、温度計を見てみると39℃………

 

DSC_1014

 

ナゼだ……

 

DSC_1012

 

菌糸も出ていて全体的に温かくはなっていましたが……

 

撹拌していると、少し水分が少ない気がしましたので、5Lの水を加えながら撹拌。

 

明日は温度が上がるか下がるか。

生き物相手ですので思い通りにはいかない、、、

 

タグ:|||
日付:2014/12/30 19:45

No.924 一次醗酵中の米糠の温度が上昇

今日も穏やかに晴れ、仕事のしやすい一日となりました。

 

ここのところ米糠の温度をアップしていませんでしたが、一昨々日から温度が4℃に上がりましたので、1日おきに撹拌するようにしました。

 

そして今朝、米糠を撹拌しようと毛布とゴザを取り、温度を見てみると21.5℃に急上昇していました。

DSC_0999

 

撹拌すると中心部分が温かく、表面付近は冷たい。(写真で温度が18.5℃になっているのはそのため)

 

おそらく明日になると、今朝よりも全体的に温度が上昇し、40℃近くになってくれていると思いますので、明日か明後日には二次醗酵に移れるでしょう(^^)

タグ:|||
日付:2014/12/28 17:57

No.920 朔旦冬至

風は冷たいものの今日も晴れ、爽やかな一日となりました。

今日は、新月と冬至が重なる朔旦冬至(さくたん)という縁起の良い冬至だそうです。(太陽はこれから陽が延びはじめ、月は新月から満月に[復活]していく)

 

 

写真はグリーンオーク、レッドオーク、フリンジーグリーン、フリンジーレッドです。

 

DSC_0978

グリーンオーク

 

DSC_0979

レッドオーク

 

DSC_0981

フリンジーグリーン

 

DSC_0982

フリンジーレッド

 

今日は冬至で、寒さが厳しい時期であり、傷みの激しいものもありますが、厳しい冬に負けることなく力強く育っています。

 

 

 

こちらは一次醗酵している米糠です。

DSC_0985

 

仕込み始めは、ピンポン玉大の塊がありましたが、毎日撹拌していますので、大きなものでも、直径1cm未満の小さな米粒ぐらいの小ささになっています。(これで満遍なく醗酵します)

 

温度は2.5℃。

 

今日はゆっくり柚子湯に入ろう♪

 

タグ:|||
日付:2014/12/22 17:34

No.919 真冬のカーボロネロとゴズィラーナ

今日は午後から雨の予報でしたので、朝から雲がひろがりましたが、お昼には一時的に晴れ間がみえました。

午後からは予報通り雨が降り始め、夕方には本降りの雨となっています。

 

写真は、カーボロネロとゴズィラーナ。

 

DSC_0975

 

DSC_0976

 

DSC_0971

 

DSC_0973

 

本格的な寒さが到来し、寒さに耐えぬいているカーボロネロとゴズィラーナは、本来のうま味を発揮してきていると思います。

 

 

米糠の温度は1.5℃。

まだまだ温度が上がる気配はない。

タグ:|
日付:2014/12/20 17:40

次のページ »

月別投稿記事

カレンダー

2018年4月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ガーデンテクノス