人生に彩りを添える野菜であってほしいと願いを込めて育てています。独立栽培師【久保谷健】

No.1000 diggin’ my own identity

今日もすっきりと晴れて、これでもかってほど、お花見日和ですね♪

 

今回のブログ更新で1000回となりました。

 

これまで野菜の生長過程をブログで更新することにより、栽培方法や考え方など、ある程度理解してもらえたと思います。

 

誤字など多少あるかと思いますが、見やすいブログになっていると思いますし、栽培方法や栽培状況はもちろん、醗酵アミノ酸肥料づくりや土壌分析結果、自家採種の状況なども情報開示してこれたと思います。

 

栽培初め当初は信頼どころか、本当に一人で肥料を作り、農薬を一切使用せず野菜を育て、自家採種までしているのか信用すらしてもらえなかったこともありました。

 

個人で信頼・信用を得るのは簡単なことではありませんが、職人として(生涯一栽培師として)、一人の人間が一から育て上げた野菜を召し上がっていただきたい。

 

軟白したカステルフランコ

 

自分が持っている心と技術の全てを注ぎ込んだ野菜を通して、心の交流をしたい。という強い思いは変わらず持ち続けていきます。(綺麗事だと言われるかもしれないが、本当に野菜を愛する人には理解してもらえるはず)

 

 

 

さて写真は、ブログを始める前から大変お世話になっている【カフェ・ラ・ファミーユ】の[冬野菜サラダ](2月6日撮影)です。(特別に私が育てた野菜だけで盛り付けていただきました)

 

Noah's Ark

 

 

treasure hunt

 

 

奥澤さんに盛り付けてもらうと一つの作品になりますね♪(めちゃくちゃ美味しかった(*^^*)♪)

 

 

正直、奥澤さんに出会えていなければ、これまでフレンチで扱うような野菜を育ててこれたかどうかわかりません。(奥澤さんには、何の後ろ楯のない私の野菜をこころよく扱ってくださいましたし、私が最も重点をおいているカステルフランコの種子を譲っていただいた方でもあります)

 

 

ファミーユでは置いてあるもの一つ一つに物語があり、おとぎの国に迷いこんだ世界がひろがっています。

 

 

いつもの日常に特別なひとときを♪

http://www.cafelafamille.com/

 

また、敷地内にはご両親が新鮮な野菜を育てている菜園やアンティーク・ブロカント雑貨を扱う雑貨店、美容室があり、のどかな北フランスの香りが漂っています。

 

 

まだまだ至らない点もありますが、味に深みがあり、自然を感じることのできる野菜をお届けしていきたい。

 

 

 

 

伝統を受け継ぎながら、独自・独特・独創の世界を生み出す職人への憧れ

 

 

太陽の温もり、

風のささやき、

草木の輝き、

そして小鳥のさえずりをも映し出す。

 

 

 

時を越え、季節が刻み込んだ確かな記憶が、

 

人生に彩りを添える存在であってほしい────

 

そう願いを込めて、これからも育てていきたい。

 

タグ:|||||||||||||||||
日付:2015/03/31 12:58

No.212 サボイキャベツ生育状況

DSC_0132.JPG DSC_0134.JPG

一番最後に定植したサボイキャベツです。

サボイキャベツもグリーンボールと同じで、ほとんど大きくなっていませんし、暖かくなってきてもトウ立ちするだけだと思います。(病気で腐れてしまった所も)

たぶん、このサボイキャベツは秋、冬の収穫よりも春の方が上手くいく作物のような気がします。

サボイキャベツ(赤)の中身も赤くならなかったですし。(赤くならないのが当たり前かも )

試しに、春はどのような感じになるのか種を蒔いてみたので、育ててみたいと思います。(家で慣行栽培しているキャベツと一緒に)

独立栽培師として、野菜を育てている畑は春、夏の栽培はしません。

種の採取や草を生やして自然の状態に近づけたいですし、畑にも休んでもらいたいので。(家の仕事が忙しいのもあり、管理しきれないのもあります)

タグ:|
日付:2012/02/12 17:54

No.100 本当に野菜を愛する

DSC_0243.JPG

カーボロネロ、グリーンボール、カステルフランコ、トレビス、グリーンオーク、レッドオークを収穫しました。

カステルフランコやトレビスは少し長いですが、しっかりと結球し、ある程度色もついていました。(失敗したと思っていましたが、切って中を見てみると、なんと色がついていました!!)

クリスマスまでには丸く結球し、色もしっかりしたカステルフランコ、トレビスを収穫したいです。

野菜とは、ただ栄養源を摂取する為に食べるのではなく、五感をつかい、人の心を豊かにする物だと思います。

そしてその食事が一生記憶に残るものに。

私が現在持っている技術や思いを全て注ぎ込み、嘘のない仕事が出来たと思います。

料理をつくる人にも食べる人にも喜んでもらい、少しでも心の襞(ひだ)を感じてもらえれば幸いです。

タグ:|
日付:2011/11/11 18:29

No.4 PHILIPPE DUFOUR

本日からブログを始める事になりました。

ホームページを開設する事に協力してもらったドサナイテの曽我さん、ドッペルの清水さんありがとうございます。
そしてこれからもよろしくお願いします。

まず、初めに何を話していいのか分かりませんが、タイトル通りPHILIPPE DUFOUR (フィリップデュフォー)さんの話から初めたいと思います。

デュフォーさんは知るひとぞ知る時計業界の独立時計師で時計の心臓であるムーブメントを一から設計し、自ら一人で組み立てる孤高のキャビノチェといわれています。

現在、デュフォーさんは時計業界で大きな影響力を発揮する人ではありますが、デュフォーさんも独立したての頃はとても厳しかったそうです。

14年の努力の末やっと認められた努力の天才です。

デュフォーさんのようにこれで生計をたてられるか分かりませんが、出来ることは努力していきたいと思います。

独立栽培師とは私が最も尊敬しているデュフォーさんのようになりたいと思いつけた造語です。

http://dufourwatches.free.fr

デュフォーさんには作った(育てた)ものそのものも大切だが、作る(育てる)過程もまた大切だと教えられました。

タグ:||||
日付:2011/09/01 23:39

月別投稿記事

カレンダー

2018年6月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ガーデンテクノス